Elexy Life

menu

敏感肌×年齢肌のための美肌つくりブログ

敏感肌の化粧品選びはまずパッチテストから

敏感肌・アトピー体質の栄田は、肌につけるもの全て精度の高いパッチテストキットでテストします。

精度の高いパッチテストを使う前は

絆創膏を使って

①パッチテストをしたいモノを腕に塗る
②絆創膏を上から張る
③24時間~48時間待つ

という、簡易的なテストを行って

ファンデーションや下地などをテストしていたのですが
パッチテストで反応が出ないので、コレヨシ!!と
使い続けていたら、

肌にブツブツができてきたり
赤くなってきたり・・・

ということが良く起こってしまい

(パッチテストはクリアしたのに、なぜ?他の原因かな?)
と思っていたのですが、異常は明らかに顔だけなんですよね。
オカシイ。

そんな折、化粧品開発にあたり他社製品の研究をしている中

原料でも、他社の敏感肌用化粧品でも
「パッチテスト済」と書かれていても
本当に信じていいのか??と
栄田、すっかりうたぐり深くなっちゃっいまして。

栄田自身、身をって
本格的な制度の高いパッチテストでテストしてみたところ

パッチテスト済とある敏感肌用化粧品や
ファンデーションでも、赤くかぶれてしまいまった経験があるのです。

これは、そのメーカーさんが嘘つきということではなく

パッチテストは行ったので、パッチテスト済という表示はもちろんできる。
その結果についての評価は販売会社に委ねられているからなんですね。

例えば、パッチテストを行って60%が陰性(何も問題なし)で40%が陽性(異常あり)でも
「パッチテスト済」と記載できます。

もちろん、化粧品は安全性を考えて作られていますが、全員に安全とは言えないんですね。

なので、売り手の売り文句を丸々信用してしまうのは
敏感肌・アトピー肌の人は本当に気をつけなきゃいけないなと思うんですよ。

自分で判断できる目を養う。
これが、敏感肌で肌荒れ状態がずっと続いている方の一番の美肌への近道だと思うのです。

それは実際に自分自身の肌に聞いてみる「パッチテスト」だと思います。

ちなみに、パッチテストで異常なしと出たメーカーさんの製品も
そのメーカーの製品なら全て安心ということはありません。

どの成分が自分にひっかかるかは
テストしてみないとわからない事ですから。

ちなみに、栄田が信頼をおいている
ベースメイク化粧品のメーカーさんの日焼け止めを購入したので
パッチテストをしたところ

赤く腫れちゃって、めちゃめちゃ痒かったです。

見えますか?これが軽い妖精反応です。

通販化粧品なので事前に試せないところが残念。

でも、わからずに顔にずっと塗っていたら
知らず知らずのうちに、顔が赤くなってきていましたよね。

パッチテストキット様、さまさまです!

お店に足を運べるなら
買う前に、パッチテストキットをお店に持っていって
「敏感肌なんで、テストしたいので、このキットに少し乗せてもらえますか?」というと、だいたいのお店はOKしてくれます。

キットを持っていくのを忘れても
試供品がない場合、小さな袋に1㎜くらい入れてくれる場合もあるので、聞いてみるといいですね。

パッチテストは、お肌を守ってくれる。

パッチテスト時間は、48時間おくことが大切。
アレルギー反応は48時間から出てくると言われているので。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

ラミドラボーテFacebookページ

環境に左右されがちな敏感肌の特性に着目し、敏感肌を「守り」、エイジングに「攻め」を兼ね備えた、多機能エイジングケア化粧品