Elexy Life

menu

敏感肌×年齢肌のための美肌つくりブログ

ターンオーバーが乱れてるとトラブル肌を招きやすいのね

自分のお肌のターンオーバーが正常なのか?
自分ではわかりにくいですね。

ターンオーバーが乱れているかもチェックリストを作ってみましたよ

  • 肌のくすみ・ごわつきが気になる
  • しみが増えた
  • 毎日用ではないピーリングやスクラブを週3回以上使っている
  • 乾燥肌だ
  • 洗顔は時短!手でこすりながら洗ったり、流す時も手の平を顔につけながら流す
  • 睡眠不足(7時間以下)だ
  • 運動はほとんどしない
  • 大豆製品・オメガ3脂肪酸はあまりとらない
  • ストレスが多い
  • 緑黄色野菜はあまり食べない
  • 肉食中心だ
  • たばこを吸う

いかがでしょう?
3つ以上あてはまると、ターンオーバーが乱れて
シミ・くすみ等の肌トラブルが気になっているのでは?

今日はターンオーバーを正常化する方法について書いていきますね。

,h3>ターンオーバーが早すぎる肌状態

・乾燥肌
・痒み、ひりひり、赤み、しみる
・毛穴が開いている
・キメがない
こんな状態であるなら、ターンオーバーが早まっている可能性があります。

お肌マメ知識
ターンオーバーが早いと、細胞の生まれ変わりが早くなっていいんじゃないの?
そう思われる方もいらっしゃると思いますが
ターンオーバーは早すぎても遅すぎても
「正常」が一番ちょうどいいのです。

外からの刺激から守ってくれる「バリア機能」をもつ、死んだ細胞の角質細胞。
死んだ細胞とはいえ、「天然保湿因子」という、肌の水分保持力をになう組織を持っています。
天然保湿因子は、その4倍の水分を保持します。
(乾燥肌や敏感肌、加齢で乾燥になった肌は、外からジャバジャバ水分を与えるより
この天然保湿因子を強くして、自分の肌の保水力を上げた方がいいです。
外から水分をジャバジャバ与えても、一時的な偽の潤いで、肌は乾燥肌のままだからです。
なので、その元になる角質を育てることが大事。→ということはターンオーバーを正常化させることが大事なんです。

また、死んだ細胞だからこそ、死んだ細胞単体だと、どっかにいっちゃいますよね(垢ですね)。
細胞が細胞として存在するために
水分や油分でできた細胞間脂質というもの(60%はセラミドでできています。)が
死んだ細胞同士をつなぎ合わせて、肌の上に密着して、
それが何層も重なり合って「バリア機能」を作り出しています。

ターンオーバーが早まると良くないということは
肌の水分保持力が保てない
バリア機能が機能できていない
だから乾燥肌、敏感肌の原因になり

角質層もゆるゆるのままなので
肌にキメがない、毛穴が閉じない
ということになります。

関連記事:


関連記事:

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CATEGORY

ラミドラボーテFacebookページ

環境に左右されがちな敏感肌の特性に着目し、敏感肌を「守り」、エイジングに「攻め」を兼ね備えた、多機能エイジングケア化粧品